運営チーム紹介

「ハロージャパン」の運営は、日独ユースネットワークと非営利法人独日青少年協会のボランティアにより行われています。

 

運営(日本)

 

Masaki
高橋正樹

こんにちは、高橋正樹です。千葉県出身で、現在東京にある会社で製品開発を行っています。このプログラムを通じて2002年に初めてドイツに行きました。その後、2005年に日本で初めてのユースサミットを企画し、その後2009年以降のプログラムの運営に携わり、現在に至ります。このプログラムが参加された皆様にとって、一回り大きな自分に成長できるような機会になれば嬉しいです!

横尾博和

こんにちは、ヒロです。学生の頃にドイツの街に興味を持ち、2004年に初めて行った時には、日本とのライフスタイルの違いに衝撃を受けました。以来ハロージャパンにも参加し、2014年からはスタッフとして関わっています。今はまちづくりに関わる仕事をしていますが、ベルリンをはじめドイツの街は素敵なところが多く、学ぶことも多いです。ハロープログラムでは言葉の壁を超えて、沢山の考えを話し合うことで互いの理解も深まり、多くの仲間ができます。あなたが自然に心を開けば、もしかしたら一生の親友ができるかも!

上木戸叶

こんにちは、カナルです。ハロードイツ2015から3年連続で参加し、ハローヤーパン2016では環境グループリーダーを経験しました。趣味はピアノ、バレエ、スポーツ観戦、旅行などアクティブです!みなさんに出会えることを楽しみにしています。

鎌田タベア

初めまして、ドイツ人のタベアです。東京に住んでいる社会人です。趣味は水泳、囲碁と読書です。

2013年からこのプログラムの運営に関わっています。言葉で表現できないほど様々な経験ができました。皆さんが参加するこのハロープログラムを、忘れられない思い出にするために、運営チームは力合わせて頑張っています。楽しみにしてください(^^♪

今野拓也

こんにちは!今野拓也と申します!私は大学生の時、2014年のHallo Japanに参加しました。このプログラムを通じて日本に居ながらドイツ人学生、様々な年代の日本人とワークショップ、ディスカッションを行うなど、貴重な体験をすることができました。また、Hallo Japanを通じて友達の輪が広がり、今でもこの友情が続いていることにとても嬉しく思います。もっとこのプログラムが多くの人に知られるべきだと考え、今度は運営側で貢献すべく、スタッフとなる事を決意しました。Hallo Japanを通じて様々な人と出会える事を楽しみにしています!

野村信之

こんにちは!野村信之です。私は茨城生まれで、秋田育ち、東京、京都、大阪、北海道に住んでいました。私の専門分野は法学です。仕事と余暇のバランスが良いドイツが好きです。組織チームの一員として、Hallo Deutschland と Hallo Japan で作った経験を今年の参加者に共有するために、最善を尽くしています!

吉見隆寿

こんにちは!ハロープログラム運営チームのリーダーのよしみです!僕はHallo Deutschland 2013に参加したことをきっかけにハロープログラムに関わるようになりました。ハロープログラムをより楽しく、魅力的にできるようにチームのみんなと協力して企画しています。参加者、グループリーダー、運営スタッフのどの立場から参加しても多くのものが得られるプログラムです。日独交流で熱い夏を過ごしましょう!

大川聡子

Hallo! 大川聡子です。2005年に日本で行われたユースサミットの運営に携わったのが、このプログラムとの出会いです。2015年、また運営チームに戻ってきました。学生時代はオーケストラに所属しており、著名な音楽家を多く輩出したドイツに興味を持ちました。最近の趣味は映画鑑賞、ロックやクラシックのコンサートへ行くこと、自然豊かな場所を旅することです。このプログラムを通して、みなさんと出会えることを楽しみにしています。

西島真悠

こんにちは、西島真悠です。わたしはHallo Deutschland 2013に参加して、多くの貴重な体験と大切な友人が得ることができました。国籍や言語、学校・会社の枠を超えて出会えた多くの友人とは、今も繋がっています。この素敵なプログラムを皆さんに味わってもらいたくて、2015年から運営スタッフとして携わっています。日本・ドイツに興味のある皆さん、普段の日常では絶対に味わえない貴重な夏を過ごしてみませんか!

柴田シンシア

Gruess Gott!シンシアです。ハロープログラムの日本既参加者であり、現在は運営委員のひとりとしてサポートさせて頂いております。ドイツとの繋がりですが、アフリカ、アジアの次に、ヨーロッパ圏で初めて(短い間ですが)生活した場所であり、先進国としての物質的豊さと共に、人々の心の豊さにもなんて恵まれているところなんだろうとそのバランスに私は感動しました。と、ドイツかぶれな発言を気にせず。これからプログラム参加される方、あなたはどんなドイツを発見するか?逆に日本のこともどれくらい伝えられか、楽しみですね!多種多様な人とのディスカッションと交流から多くの学びと発見が得られますように!

山下ひまわり

こんにちは、山下ひまわりです。私はHallo Japan 2016に参加し、そこでの素敵すぎて一言では表せない経験の数々に胸がいっぱいになって、この魅力を1人でも多くの方と共有したいと思いスタッフとして携わることを決めました。普段は大学で国際関係論やドイツとデンマークの比較研究を勉強しています。私にとってのHallo Japan2016 同様、皆様にとってHallo Japan 2018 が生涯忘れ得ない素敵な時間になりますように!

渡辺野乃花

こんにちは。渡辺野乃花と申します。千葉県出身で、今は京都にある大学で教育学を専攻しています。趣味はスポーツをすることで、週末はラクロスをしています。2015年にハロードイツに参加し、2016年はグループリーダーをしました。たくさんの出会いや発見ができるこのプログラムが大好きです。2018年はスタッフとして参加者の忘れられない夏の思い出のお手伝いをしたいと思います。

大住典子

こんにちは、大住典子です。1986年九州生まれで、普段は、コミュニケーションについて考える会社で海外拠点とやりとりをする仕事をしています。学生時代の留学経験から、もう一度ドイツに関わりたい!と思い、Hallo Deutschland 2015に参加、2017からスタッフです。趣味は、旅することと、いろんな言語をかじること。どの国でも「ハロー」は、相手の心を開く魔法の言葉だと思います。そんな新しい「ハロー」に出会えるこの機会を、学生にも社会人にもおすすめしたいです。

山口聡美

こんにちは!山口聡美です。埼玉育ち、山梨県在住です。ドイツの馬文化に興味を持ったことがきっかけで、ドイツが大好きなりました。専門は教育学、特技は剣道です。2016年にこのプログラムに参加して、かけがえのない経験をさせていただきました。2018年は運営チームの一員として参加でき、とても嬉しいです。みなさんと出会えるのが楽しみです。素晴らしいプログラムになりますように!

佐藤詩音

こんにちは(^-^)詩音です。千葉県民です。学生時代、ドイツの Erlangen (Nürnbergの近く)に留学していました。これまでハロージャパン2016とハロードイツ2017に参加しました。そこでは、様々なバックグラウンドをもつ人達と知り合うことができ、彼らから多くを学びました。(ドイツ語力だけでなく、勇気やポジティブな考え方など人としての強さ)ハロープログラムでの想い出は全て私の人生でとても大切なものとなりました。皆さんもこのプログラムでたくさんのことを体験できますように。ぜひ楽しんでくださいー!!

西野哲

はじめまして。西野哲です。1991年生まれで現在は東京で金融系のシステムエンジニアをしています。学生時代の専門は数学でした。8歳のときにノイシュバンシュタイン城の写真を見て以来ドイツに興味を持ち、現在も趣味でドイツ語を勉強しています。ドイツに関わる何らかのことをしたいという思いから2016年にこのプログラムのスタッフを始めました。このプログラムでの新たな出会いは自分の世界を大きく広げてくれます。今年もみなさんとお会い出来ることを楽しみにしています。

内海さくら

こんにちは、さくらです!

大学でドイツ語を勉強していたとき、初めてHallo Japan 2014に参加しました。その後は、スタッフとしてこのプログラムに関わっています。ハロープログラムが参加する方々にとってより良いものとなるよう、日独スタッフで協力しながらプログラムを作りあげていきたいと思います!

 

運営(ドイツ)

 

モーゼンプア・アミール

こんにちは!モーゼンプア・アミールです。現在29歳でハイデルベルクで医学部最後の年を送っています。高校での日本語研究会で漫画やアニメに興味を持ったことが日本との初めての関わりでした。2011年に札幌で北海道大学に研究留学をし、それがきっかけで日本に対する想いが再び熱くなりました。2015年にハロードイツに初めて参加し、現在はDJJGの会計責任者を務めながら、今年のハロープログラムの準備をしています。一度きりのこのイベントを楽しんで一瞬一瞬を大切に過ごしてください!!

ベーム・パウリーネ

こんにちは!ベーム・パウリーネです。23歳です。2009年に高校の交換留学で初めて日本に行き、それ以来日本なしの人生は考えられなくなりました。大学での専攻もその経験に影響を受けており、現在ベルリンでコミュニケーション論と日本学を学んでいます。また、スポーツが好きで最近はボルダリングをはじめました。2013年のハロードイツの参加をきっかけにDJJGのことを知り、現在は企画側のメンバーの一員ですが、当時と同様にその活動を楽しんでいます。みなさんも私と同じようにこの活動に夢中になってくれたら嬉しいです。

ハーンリートケ・ヴェラ

はじめまして、ハーン=リートケ・ヴェラです。ベルリン生まれのベルリン育ちの大学生で、図書館と情報学を勉強しています。子どものときから日本の文化に興味があり、これまで留学とワーキングホリデー合わせて二年間日本で暮らしたことがあります。ハロープログラムでは2015年から通訳者やグループリーダーなど、様々な役割を担って参加しました。Hallo Japan 2018年でも運営スタッフとして参加できることを楽しみにしています!

オスカー

こんにちは!私の名前はオスカーです。東京出身の23歳で、今はドイツのオスナブリュックで政治学と経済学の勉強をしています。2015年にハロープログラムに参加して以来、DJJGの仲間になり、2017年に政治グループのグループリーダーを経て今は企画側としてプログラムに携わっています。趣味は大好きなFCニュルンベルグの試合を観戦することと、野球をすることです。皆さんに会えることを楽しみにしています!

殿村さおり

こんにちは!私の名前は殿村さおりです。埼玉県出身で、今はベルリンで政治学を勉強しています。2007年に地元の姉妹都市交流事業でオッフェンバッハに一週間のホームステイをして以来、ドイツは私の大好きな国になりました。2017年にハロードイツに参加し、今年から運営スタッフとして関わっています。私がハロードイツで素晴らしい経験をしたように、ハロージャパン2018も参加者のみなさんにとって忘れられない思い出になると確信しています!

ファルク

こんにちはファルクです。2016年にハロージャパンに参加をし、環境グループのメンバーとして日本のゴミ事情の調査を行いました。2017年には半年間のインターンシップを日本で行った後に、ハロードイツの環境グループでグループリーダーを務めました。このプログラムはたくさんの人と知り合い、その人達とともにワクワクするようなテーマでグループワークを行うことができる素晴らしい機会です。皆さんのように若い世代がたくさんの経験をして、それぞれの国のいいところを見つけてほしいと思っています。皆さんが楽しい時間を過ごせますように!

レナ

こんにちは!レナです。現在21歳です。プロダクトデザインの大学を卒業した後には日本に引っ越したいと考えています。ハロージャパン2016に参加をしたことでたくさん素晴らしい出会いがあり、初めて日本と直接関われる機会を持つことができたので、それがきっかけで日本へ行って仕事をすることはただの夢ではなく一つの現実的な選択肢となりました。2017年にはハロードイツでグループリーダを務め、今はスタッフとしてこのプログラムに関わっています。みなさんがこのプログラムを楽しんで、素晴らしい思い出がたくさんできますように!

ベレニス

こんにちは!ベレニスです。専門は考古学で、現在博士論文を書きながら学芸員として働いています。13歳の頃に日本の旅行ガイドに魅了され、日本に夢中になってしまいました。日本について知りたいことや学びたいことがまだまだたくさんあります。2016年にハロージャパンに参加し、2017年にハロードイツにグループリーダーとして参加しました。2018年はスタッフとして、プログラムの企画に参加しています。プログラムでの交流はとても楽しく、私にとって非常に大切なものになったので、引き続きこの活動に関わりたいと思いました。みなさんがハロージャパン2018で、新しい仲間とともに楽しみながらたくさんの素晴らしい経験をつめることを願っています。

篠原沙羅

こんにちは!私の名前は篠原沙羅です。26歳で東京出身の日本人です。現在私はドイツに住んでおり、ハイデルベルク大学の博士課程に所属しています。専門はドイツ学、特にドイツ語言語学の分野で研究をしています。私とドイツのつながりは高校時代にさかのぼります。小さいころから外国語にとても興味を持っており、高校のときに第二外国語としてドイツ語を選択しました。学部は東京の大学で、また修士は京都の大学で過ごしましたが、その時から現在に至るまで翻訳・通訳にボランティア及び仕事のひとつとして携わってきました。2017年のハロードイツに初めて翻訳・通訳担当として参加し、とても楽しいひと時を過ごすことができました。この時の経験により、Orga-Teamとして引き続きDJJGに関わっていくことに決めました。新しい仲間である皆さんに出会えること、また皆さんと一緒に素敵なイベントを作っていけることを今からとても楽しみにしています!よろしくお願いします。

ベンツィヒ・アントニー

こんにちは、ベンツィヒ・アントニーです!ベルリンで生物とドイツ語の教職課程を専攻しています。2017年のハロードイツで偶然が重なりグループリーダーを務め、このプログラムがたくさんの人の熱意によって支えられていることき気づきました。運営チームの仲間のやる気に刺激を受けて自分のできる限りこの活動に関わりたいと思っており、日本語の勉強も引き続き頑張っています。
日本は、私にとって以前はアニメ、漫画、ポップ音楽と美味しい食事、というイメージでしたが、今はそれ以上の意味をもっています。日本の素晴らしい人たちはもちろん、メンタリティーや言葉の違いも、同じ人間としてもつ共通点も、たくさんの刺激を与えてくれます。参加者の皆さんが私と同じようにこのプログラムの熱意に共感し、日独友好の輪に加わってくれることを願っています

シェンディッシュ・デニス

こんにちは!シェンディッシュ・デニスです。現在23歳でデュッセルドルフ出身、現在はミュンスターで医学を勉強しています。子供の頃から日本文化と日本語に夢中になり、2012年には日本語弁論大会に参加しました。さらに日本語をアビトゥアの科目に選択しました。2016年にハロージャパンに参加して以降、日独青少年協会の活動に大きな喜びを持って参加しています。みなさんがたくさんの素晴らしい人達と友だちになり、 相手の(そして、ひょっとしたら自分自身の)文化を学び、忘れがたい夏を過ごせますように!