日独デジタルユースサミット 2021: グループテーマ

政治グループ

政治グループでは、ドイツと日本の政治状況の違いについて意見交換したいと思います特に市民参加に焦点を当てます。そのために、若い政治家や活動家、そして政治財団政治団体方と話します。さらに、日本とドイツで本年実施される選挙は今後の日独関係にどのような影響を与えるのか、また、この年間の国際政治にどのような課題があるのかを分析したいと思います 

 

社会グループ

私たちの社会を構成しているものとは何でしょうかあなたは、一人の人間として、社会の中でどのような生き方をしたいと考えますか?今日では、社会のデジタル化が進み、学び方、働き方、私たちを取り巻く環境はより多様なものになっています。 

日本とドイツの社会の間には、相違点と類似点があります。例えば、就職の仕組み、生涯学習の在り方社会が生み出す固定観念による圧力、といった点です。 

社会グループでは、このような点について向き合い、私たちが将来の社会における課題にどのように対応すべきか、という問いに繋がる答えを探したいと思います。 

 

環境グループ

日独交流160周年、共通の問題と解決策ー私たちの環境はどうでしょうか。現在気候変動、都市の大気汚染海洋生物の乱獲、ゴミのリサイクル問題など様々な問題が発生しています。これらの問題の解決策として再生可能エネルギー、環境に優しい交通機関、代替食アップサイクル、そしてゴミを出さない包装が注目されていますこのような変化に直面すると、将来にどうやって移動するのか、何の物質からどのようにエネルギーを得るのか、どのようにライフスタイルを変えていくのか、という質問が出てきます。 

あなたは未来の包装のあり方や私たちの食生活はどうなると思いますか?ドイツと日本はどのように協力し続けることができるでしょうか。環境グループでは、これらの問いに「家で自分でできること」に取り組みながら、議論を深めたいと思います。