ハロードイツ2017

今年も「ハロードイツ」が開催されます!

本プログラムは日独の若者(18歳~30歳)40名を対象にしたプログラムです。プログラムを通じて普段とは少し異なった角度からドイツを知ることができます。

 

HD 15 8ハロードイツとは

独日青少年協会の交流プログラムは、毎年交互にドイツと日本で開催され、日独ユースサミットをメインプログラムとしています。2017年にはドイツを開催国とする、「ハロードイツ2017」が行われます。

観光では知ることの出来ないドイツの体験と同世代の若者との交流を通じ、私たちの将来に関する諸問題を一緒に考えていきます。このプログラムへの参加をすることで、忘れられない思い出を作ることができるでしょう。

「ハロードイツ」はボランティアのスタッフにより運営されています。運営スタッフの多くは、このプログラムの元参加者です。スタッフ一同、自分たちが味わった感動をぜひみなさんにも体験していただきたいと考えています。ぜひご参加ください!

 

プログラム内容

・メインテーマとグループワーク
「ハロードイツ2017」の中で行われる日独ユースサミットではFreiheit mit Grenzen ~私たちはどこまでも自由なのか~をテーマにしています。ドイツと日本の同世代の若者が政治、教育、文化、社会、環境という5つのグループに分かれてグループワークを行います。

参加者は応募時に、政治、教育、文化、社会、環境の5つの分野より自分の興味のあるテーマを選択することができます。

若い世代は様々な場面で選択を迫られます。例えば,何を仕事にするか、どこに住むか、何を使うか、どのようにコミュニケーションをとるか、どのように政治に参画していくかなどです。これらはどれも簡単に選択できるものではありません。しかし、そもそも選択の機会はすべての若者に対して平等にあるのでしょうか?最近はより自由に選択できるようになってきているのでしょうか?それとも選択の場面には、すでに明確な制限があるのでしょうか?もしかすると私たちは選択の幅を知らず知らずうちに自分たちの手で狭めているかもしれません。

「ハロードイツ2017」では、多角的な観点と、それらを基にした結論を通じて、それぞれが自分の考えを深める機会を提供します。

 

・「ハロードイツ2017」の渡航準備
プログラム参加に先駆けて、渡航前オリエンテーションを6月11日(予定)に開催します。

オリエンテーションは出発までのスケジュールおよびグループワークに関する詳細な情報をお伝えする説明会で、これはプログラムの参加者との顔合わせと兼ねています。そこでは元参加者から過去の体験談を聞くことや、運営スタッフにも直接質問をすることができます。

 

・「ハロードイツ2017」のプログラム概要
「ハロードイツ2017」のプログラムは大きく二つのプログラムから構成されています。

一つめのプログラムはホームステイです。最初の3日間は他の日本からの参加者とともにニーダーザクセン州のリューネブルクにてホームステイを行います。ホームステイではドイツの一般家的な家庭の生活を体験できます。その後、ハンブルクにてドイツ人参加者と合流します。

二つめのプログラムは「第11回日独ユースサミット」です。応募時に選んだグループごとのテーマに沿って、ハンブルク、ロストック、ベルリンにて様々な施設を訪問、各テーマに精通した専門家やゆかりのある人との交流を行います。「第11回日独ユースサミット」の目的は、グループワークで各施設を訪問するに加えて、自分とは異なる意見を持つ人々に出会い、互いを尊重し合ったディスカッションを経験することです。グループワークの成果は、プログラムの最後にベルリン独日センターで「最終プレゼンテーション」として発表していただきます。また、グループワークや夕食後のオプションプログラムは、期間中に訪ねる街を知る機会にもなります。

HD 15 7

 

プログラムスケジュール(予定)

プログラムの予定は次の通りです。
随時更新されますので、変更となる場合があります。ご了承ください。

8月24日(木) 日本参加者が各自でハンブルクへ到着。チェックイン、オリエンテーション

8月25日(金) リューネブルクへ移動、ホームステイ

8月26日(土)ホストファミリーとの時間

8月27日(日)ハンブルクへ移動、ドイツ参加者との「第11回日独ユースサミット」開始

8月28日(月)グループワーク

8月29日(火)ロストックとベルリンへ移動

8月30日(水)グループワーク

8月31日(木)グループワーク

9月1日(金)グループワーク、最終プレゼンテーションの準備

9月2日(土)ベルリン独日センターにて最終プレゼンテーション、打ち上げ

9月3日(日)チェックアウト、解散

 

参加条件

・プログラム開催時の年齢が18歳から30歳であること

・初級以上のドイツ語学力があること

・開催予定の渡航前オリエンテーションに参加できること(参加必須)

・ドイツの入国管理規定を自己責任にて確認し、遵守すること

・各自で海外旅行傷害保険を手配すること

・応募時に登録するメールアドレスが、プログラム終了時まで連絡可能であること

・下記の「個人情報の取り扱い」および「免責事項」の内容を承諾すること(応募の時点で、ご承諾いただいたものとみなします。)

 

個人情報の取り扱い

ハロードイツ2017の運営に際し取得した個人情報は、以下の目的でのみ使用致します。

・プログラムの参加者を選考するため

・プログラム期間中及びその準備期間中に参加者及び保護者への連絡をするため

・プログラム期間中に滞在する宿泊する宿泊先に提出するため

・プログラム期間中に緊急連絡を行うため

上記以外の目的では使用致しません。万一、当該目的以外で利用する場合や使用目的そのものを変更する場合は、必ず事前に連絡の上、使用致します。また、使用目的に照らして不要となった個人情報については、速やかに且つ適正に削除・廃棄致します。

 

免責事項

プログラム期間(2017年8月24日~9月3日)外のトラブルについては、一切責任を負いかねます。また、プログラム開催中でも、個人に発生したトラブル(金銭、物品の破損・紛失等)は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

 

プログラム参加費

「ハロードイツ2017」の日本からのプログラム参加費は475ユーロです。

 

費用に含まれるもの

・プログラム期間中の宿泊費(リューネブルク2泊 *ホームステイ、ハンブルク4泊、ベルリン4泊)

・朝食および夕食

・プログラム期間中の引率にかかる諸経費

・グループ活動中の入場料および交通費

・興味のある方は、年会費無料で、2018年末まで独日青少年協会の会員となることができます。

 

費用に含まれないもの

・自宅-ハンブルク、ベルリン-自宅間の交通費

・昼食代

・夕食後に行われるオプションプログラム

・その他個人的に必要な費用 (飲み物代、お土産代、電話代など)

 

尚、独日青少年協会は関係各所に助成金の申請をしています。この助成を受けられる場合は、お支払いいただいた参加費用の一部をみなさんに返金します。その際の返金手続きは、プログラム終了後となりますのでご了承ください。

 

応募方法

「ハロードイツ2017」及び「第11回日独ユースサミット」に興味をお持ちいただけましたか?皆さんぜひ奮ってご応募ください!

オンライン応募フォーム」は「応募」のページよりアクセスできます。期日までに全ての事項についてオンライン応募フォームにもれなく、ご記入ください。また、顔写真をメールにて2017@djjg.orgへ送ってください。応募締め切りはドイツ時間の2017331日(金曜日)です。

応募締め切り終了後直ちに選考を行い、参加の可否をメールにてご連絡します。参加が決定した方は、2週間以内に参加費475ユーロを指定口座にお振り込みください。参加費のお振込みを確認した時点でプログラムのご参加が確定となります。

 

Q&A

その他、質問や疑問がありましたらQ&Aのページをご参照下さい。

また、メールでのご相談やお問い合わせも受け付けております。その際は2017@djjg.orgまでご連絡下さい。